クーリング・オフ!
        解約は申し込みから8日間
 


 訪問販売では契約書面の交付日から八日間、

またマルチ商法ではクーリング・オフ制度の告知の日から二十日間が

クーリング・オフの期間です。

 その法定日数は、それぞれの取引ごとに異なりますが、クーリング・オフ期間に、

販売業者に対して、書面で解約する旨を伝えれば契約を取りやめることが出来ます。

 しかし、法定期間を過ぎると、クーリング・オフをすることが出来ません。

 そのために、悪徳業者の中には、クーリング・オフをさせないために、

様々な手段を使ってきます。たとえば、署名捺印だけをさせ、申込日はクーリング・オフが

出来ないように八日〜二十日程度前の日を

業者が勝手に書き込んでしまうというやり方です。

 というのも、たいていの消費者は契約書をよく読みません。

 しかも、契約書の記入箇所が多いと嫌がるのです。

 悪質業者は、この習性を上手く利用し、自分の都合のいい申し込み日を

記載してしまうのです。

 もちろん、筆跡鑑定などをすれば、消費者が記載してものでないことは

証明出来るかもしれません。

 しかし、それだけでは申込日が違っていることの証拠にはなりません。

結局水掛け論になります。

 このようなトラブルをなくすためには、その場で契約書を良く読み、

申込日だけではなく必要な記載事項は

必ず自分で書き込むことです。