霊感商法の魔の手!
 


人の弱みに付け込む霊感・零視商法は違法

 人生、まったく悩みのない人なんていません。

ですから「あなたの悩みは悪霊の仕業だ」とか「先祖の霊を鎮めないと、

病気や失恋といった不幸が襲う」

などと言われたら、誰でも心配になってしまいます。

そんな人の心の隙間に付け込み、高額な石塔や壺、数珠なとの祭具を

買わせる悪徳商法が、霊感商法や霊視商法と言われるものです。

また、「この壺を買うと運が開ける」などと海運を標榜するので、

海運商法とも言われています。

 確かに、人生の様々な出来事が本人の努力や環境とは無縁のもので

左右されることもありますし、科学では証明できない何かが存在することも

否定は出来ません。

皆さんが霊魂や運を信じるのは自由です。

しかし、悪霊退散や開運を口実に不当な買い物や御布施を要求する

業者は、悪徳業者以外の何者でもありません。

 このような悪徳商法で金品をダマし取られたら、最終的には、

民事起訴を起こすしかありません。

横浜市の主婦が「家庭に不幸がおこる」と言われ献金させられた事件で、

裁判所は統一協会に慰謝料含め2650万円の賠償を命じています。

(最高裁・平成11年3月11日判決)

 このような被害に合ったら、最寄の消費者センターなどに

相談をしましょう。

業者は「人に話しをすると効果がなくなる」などと脅しますが、

これは、彼れの手口です。初めから効果はありません。

一旦金を払ってしまうと、取り戻すのは簡単ではありません。